使い方

ここでは、登録画面等の使い方について説明しています。

サイトチェックについて
■ まずはじめに・・・ログイン
■ 1、キーワードランキングチェック
■ 2、リンクポピュラリティ
■ 3、リンク元チェック
■ 4、Googleページランク表示

最適化ツールについて
■ 5、キーワードコンサルティング
■ 6、メタタグ自動生成
■ 7、ページ内SEO対策チェック
■ 8、ページ最適化
■ 9、ページ最適化(Plus)

検索エンジン登録について
■ 10、主要検索エンジン登録
■ 11、バックリンクページ自動登録
■ 12、一般検索エンジン登録
■ 13、海外専用検索エンジン登録
■ 14、サイト一括登録

ライバル比較について
■ 15、ライバルランキング
■ 16、ライバルリンクポピュラリティ

その他ツールについて
■ 17、相互リンク募集サイト検索
■ 18、検索エンジン用サイトマップ生成

まずはじめに

お申し込み完了後メールでパスワード情報と、ログインURL情報が届きます。
そのURLから下図のログインページにアクセスしていただきメールアドレス、パスワードを入力してください。

管理画面へログインします


サイトチェック

1、キーワードランキングチェック

左メニューの「キーワードランキングチェック」ボタンを押すと下図が表示されます。

キーワードのランキングをチェックしよう

調査をしたい「キーワード」と「対象URL」「対象サイト名」を入力し、「保存」ボタンを押します。
ライバルサイトがある場合は、「ライバルURL」、「ライバルサイト名」を入力してください。
対象サイトとライバルサイトについて指定キーワードでのYahoo!、Googleでの順位を取得します。
取得されたデータは「レポート」ボタンを押すことで閲覧できます。

※登録したキーワードの順位は登録した次の日から計測します。
その他過去登録したキーワードの表示、キーワードの変更・削除ができます。


2、リンクポピュラリティ

左メニューの「リンクポピュラリティ」ボタンを押すと下図が表示されます。

リンクポピュラリティをチェックします

「実行」ボタンを押すと、そのURLのYahoo!、Googleにおける被リンク数を表示します。
被リンク数が多いほど上位表示されやすくなります。


3、リンク元チェック

左メニューの「リンク元チェック」ボタンを押すと下図が表示されます。

リンク元チェックをします

「実行」ボタンを押すと、自サイトへリンクを貼っているサイトURLをリストアップします。
このツールを使用することで、上位表示に重要なリンク元を具体的に把握できます。


4、Googleページランク表示

左メニューの「Googleページランク表示」ボタンを押すと左図が表示されます。
ボタンをクリックした時点で、設定しているURLのページランクが表示されます。

Googleページランク表示一覧で下層ページもチェック!

下層ページも調べたい場合は「下位ページもチェックする」ボタンを押すと解析を行い「下位ページを表示する」ボタンを押すと図のようにページランクのついたページが一覧で表示されます。


最適化ツール

5、キーワードコンサルティング

左メニューの「キーワードコンサルティング」をクリックすると下図の画面が表示されます。

キーワードコンサルティング

 SEO対策を行いたい検索ワードを入力して作成をクリックすると右図のように「検索フレーズ」と「検索ヒット数」が表示されます。
 SEO対策を行う上で御社が重要だと思われるキーワードをご入力いただくと、よく検索される組み合わせキーワードが表示されます。
 単体のキーワードでは競合他社も多く存在するので御社に合った組み合わせキーワードを見つけ出しSEO対策にお役立てください。


6、メタタグ自動生成

左メニューの「メタタグ自動生成」をクリックすると下図の画面が表示されます。

メタタグを自動生成します

設定ボタンを押し、右図の画面を表示させてください。


●設定

サイトの説明を入力するとメタタグが生成されます

サイトの説明にサイトのキーワードを含む説明を入力します。
次にキーワード入力欄にサイトのキーワードを入力してください。入力キーワードは1単語で入力します。
入力が終わったら「作成」ボタンを押すと右図のメタタグ自動生成エリアに、メタタグのソースと共に情報が反映されます。
コピーボタンを押して、実際のサイトのソース部分に貼り付けをすると完成となります。


7、ページ内SEO対策チェック

左メニューの「ページ内SEOチェック」ボタンを押すと下の図が表示されます。
チェックしたいURLをプルダウンメニューから選んで「URL解析」ボタンを押して下さい。

ページ内SEOチェック

①のキーワード出現率が表示されます。どのキーワードがどれくらい出現しているかを表示します。
キーワードが偏らないように調整を行ってください。
赤い点線で囲んだエリアのグレーになっているボタンを押すと、②~④までサイト内のSEO対策施工状況が表示されますので、SEOの参考書などを参考にして改善していくと良いでしょう。
URL解析ではなくローカルに置いたファイルでも参照ボタンを押して、ファイルを選択して「ファイル解析」ボタンを押すと、ローカルファイルの解析も同様に行えます。

※キーワード出現率の算出方法について
指定URL内のテキスト、各種タグ内(METAやTITLE,リンクテキスト、ALT等)を全て取り出し、名詞、動詞を切り出してその結果を集計しています。
【算出方法】 キーワード出現率(%) = 対象キーワードの出現回数 ÷ 全キーワード出現回数総数 × 100


8、ページ最適化

左メニューの「ページ最適化」ボタンを押すと下図が表示されます。登録したURL内のページ毎にページの状態を解析します。
最適化したいURL(ページ)にURLを入力して「URL解析」ボタンを押すと、図のように、「ページタイトル」「メタタグ内キーワード」「メタタグ内ページ説明文」「ページのリンク切れ」「画像のリンク切れ」の情報を確認することが出来ます。

ページ最適化でページごとに状態を解析します

確認後、キーワードや説明が不足している場合は、それを追加し「最適化したページをダウンロード」ボタンを押すとindex.htmlというファイル名でPCに保存されます。
名前や拡張子を変更したい場合は、チェックボックスにチェックを入れると変更できます。


9、ページ最適化(Plus)

左メニューの「ページ最適化(Plus)」ボタンを押すと下図が表示されます。

ページ最適化 Plus

ページ最適化と同様に解析したいURLを入力して「URL解析」ボタンをクリックすると①が表示されます。
キーワード出現率が表示されますので、出現率を見てページ内のキーワード出現率を調整してください。
赤い点線で囲んだエリアのグレーになっているボタンを左上から押していくと②~⑤までサイト内のSEO対策施工状況が表示されますので、SEOの参考書などを参考にして改善していくと良いでしょう。
URL解析ではなくローカルに置いたファイルでも参照ボタンを押して、ファイルを選択して「ファイル解析」ボタンを押すと、ローカルファイルの解析も同様に行えます。


検索エンジン登録

10、主要検索エンジン登録

左メニューの「主要検索エンジン登録」ボタンをクリックすると、下の画面になります。

主要検索エンジンを登録します

まずは、右側の設定ボタンをクリックして、サイト情報の設定を行います。
この設定を行わないとサーチエンジンに登録できませんので、必ず登録するようにしましょう。


●ホームページ情報の登録

登録するホームページの情報を入力していきます


●申請

サイト情報登録後、「自動登録」が「有効」になります。初回設定の場合のみ翌日に登録申請を行います。
それ以降は毎月1日に自動登録が行われます。


11、バックリンクページ自動登録

左メニューの「バックリンクページ自動登録」をクリックすると下の画面が表示されます。

バックリンクページ自動登録

バックリンクページ自動登録とは、登録しているURLをリンクしてくれているページを探し出し、そのページをロボット検索エンジンに自動登録するものです。
リンクしてくれているページを被リンクページと呼びます。
その被リンクページの評価が高いほど、リンクされたページは評価が高くなります。
被リンクページの評価を上げて登録しているページの評価も上げようという仕組みです。
登録ボタンを押すと自動的に被リンクページを探して、ロボット検索エンジンに登録します。


12、一般検索エンジン登録

左メニューの「一般検索エンジン登録」をクリックすると下の画面が表示されます。
一般検索エンジン登録とは、主要な検索エンジン以外の個人運営している検索エンジンへの登録を代行して行います。

一般検索エンジンを登録します

この登録は、いい繁盛2に登録していないURLでも登録できます。
複数のURLを改行で区切って登録欄に記入してください。
メールアドレスを登録して、送信ボタンを押してください。
※メールアドレスは、通常使わないアドレスを登録することをお勧めいたします。


13、海外専用検索エンジン登録

左メニューの「海外専用検索エンジン登録」ボタンをクリックすると、下の画面になります。

海外専用検索エンジンを登録します

まずは、右側の設定ボタンをクリックして、サイト情報の設定を行います。
この設定を行わないと海外サーチエンジンに登録できませんので、必ず登録するようにしましょう。

海外からの集客をお考えの方はぜひこのサービスをご利用下さい。


●ホームページ情報の登録

登録するホームページの情報を入力します


●英語のURL設定

英語のページのURLを登録します

海外用に英語のページが用意している場合は、赤枠の「設定」をクリックして、英語サイトのURLを登録してください。
設定をクリックすると登録の画面が表示されますので、英語サイトのURLをhttp://から記入して設定ボタンを押してください。


●申請する

海外専用の検索エンジン登録を申請します

「申請する」リンクが表示されますので、これをクリックすると検索エンジンへの登録申請が行われます。
クリックすると申請日とサーチエンジンの登録予定日、次回登録可能日が拡大図のように表示されます。
※検索エンジンへの登録は月に1回しかできません。


14、サイト一括登録

左メニューの「サイト一括登録」をクリックすると左の画面が表示されます。
「サイト一括登録」は、登録した下層ページもロボット検索エンジンに登録します。
メールアドレスを入力して、必要な項目のチェックボックスにチェックを入れて、登録ボタンを押してください。

下層ページも一括で検索エンジンに登録します

※メールアドレスは、通常使わないアドレスを登録することをお勧めします。
※「ページリストのキャッシュを有効にする」にチェックを入れると、前回この機能を使ったのであれば、そのときに取得したリンクリスト(ページリスト)を再利用できるようになります。
これにチェックを入れると、その後追加されたページは無視されますが、前回と比較してページ構成に変化がないのであれば、高速に処理を実行できます。
※「サーバーにアクセスする回数を1秒間で一回に制限する」にチェックを入れると登録したURLに対するサーバ負荷を軽減できます。
チェックを入れない場合は連続で接続するためレンタルサーバーやホスティングをお使いの場合は、必ずチェックを入れてください。


ライバル比較

15、ライバルランキング

左メニューの「ライバルランキング」ボタンを押すと下図が表示されます。

ライバルのランキングを見る

指定したキーワードについての順位をライバルサイトと比較できます。
URLにはキーワードランキングチェックで設定したライバルURLが表示されています。
比較したいキーワードとそのキーワードに対するライバルURLを最大10URLまで設定できます。


16、ライバルリンクポピュラリティ

左メニューの「ライバルリンクポピュラリティ」ボタンを押すと下図が表示されます。

ライバルリンクポピュラリティ

上位表示に重要な被リンク数(リンクされている数)を、ライバルサイトと比較できます。
被リンク数が多いほど上位表示されやすくなります。
URLにはキーワードランキングチェックで設定したライバルURLが表示されています。


その他ツール

17、相互リンク募集サイト検索

左メニューの「相互リンク募集サイト検索」ボタンを押すと下図が表示されます。

相互リンク募集サイト検索

このサイトと関係性の高いキーワードで相互リンクされると評価が高まりますので、キーワード入力欄にキーワードを入力して「検索開始」ボタンを押してください。
その時ブログは必要なければチェックボックスをチェックして「検索開始」ボタンを押してください。
検索結果が図のように表示されますので、タイトルとサイトの説明文を読んで相互リンクしたいサイト探して、「このサイトを開く」をクリックするとそのサイトが表示されます。
サイト毎のルールに従って相互リンクをお願いしましょう。


18、検索エンジン用サイトマップ生成

左メニューの「検索エンジン用サイトマップ生成」ボタンを押すと下図が表示されます。

検索エンジン用サイトマップ生成

「作成」ボタンを押すと右図の情報と共にサイトマップが生成されます。
生成されたサイトマップを「ダウンロードする」ボタンを押してダウンロードしてください。